ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法
ゼロから学ぶ「顔のたるみ」解消法

ショッピングスレッドリフト

ショッピングリフトは「韓国式美容針」(もしくは「ウルトラV リフト」「リードファインリフト」など)とも呼ばれる施術です。皮下に挿入した「複数本の極細糸」の刺激で、コラーゲンの生成を促進。肌のハリを生み出し、引き締めていきます。 「ショッピングの合間に手軽に受けられる」というような意味合いから「ショッピングスレッドリフト」という名前が付けられたように、ダウンタイムがほとんどない点も大きな特徴となっています。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る
  • グーグル

ショッピングスレッドリフト

ショッピングリフトは「韓国式美容針」(もしくは「ウルトラV リフト」「リードファインリフト」など)とも呼ばれる施術です。皮下に挿入した「複数本の極細糸」の刺激で、コラーゲンの生成を促進。肌のハリを生み出し、引き締めていきます。 「ショッピングの合間に手軽に受けられる」というような意味合いから「ショッピングスレッドリフト」という名前が付けられたように、ダウンタイムがほとんどない点も大きな特徴となっています。

治療法について

治療法について

「ショッピングスレッドリフト」は、吸収性の極細糸を皮下に残す美肌施術です。挿入された糸に反応する形でコラーゲンが増え、リフトアップやひきしめの効果を期待できます。「フリーフローティングタイプ」(皮下で糸を固定しない)のリフト施術なので、強力なたるみ引き上げは実現しませんが、その分ナチュラルな仕上がりになりやすいとも言われています。

施術方法としましては、希望箇所へ髪の毛よりも細い「極細糸」を複数本挿入。極細糸のついた針を皮膚に挿し、針だけを抜いて、皮下に糸を残します。皮下に残った糸の刺激、あるいは極細糸の鍼灸に似た効果によって、「ターンオーバー(肌の代謝)の促進」や「線維芽細胞の活性化」が起こり、これによって「美肌効果」「肌ハリアップ」「引き締め」などの効果が期待できると考えられています。

治療法のメリット

針&糸によるダブル効果が期待できる

ショッピングスレッドリフトでは「針」と「糸」の双方それぞれに美容効果が期待できます。 「針」については、顔のツボを針で刺激することによる「韓国式美容鍼灸」にも似た効果を望むことができます。こちらは血流の改善や、ターンオーバーの促進ほか「線維芽細胞の活性化」も期待できると考えられているようです。線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンを産み、肌ハリをもたらす真皮のサポートしてくれます。
「糸」については、体が異物を排除する「免疫反応」の活性化が見込めます。皮下挿入された糸は、体にとっての異物ですので、免疫細胞がそれを排除しようと働きます。これが「線維芽細胞」を刺激することで、やはり肌ハリをもたらす結果になると考えられているようです。
具体的な効果としては、施術箇所によって、頬のたるみやゆるみの改善ほか、 ほうれい線、フェイスラインの引き締めに効果が期待できると言われています。

ダウンタイムが気にならない

ショッピングスレッドリフトはおおよそ1時間以内に終了する施術です。施術直後の、赤みやほてりも数時間程度で落ち着きます。施術当日は、ノーメイクが望ましいものの、必要であればメイクや洗顔ほか、入浴もOKです。もちろん、術後の通院や入院も必要ありません。このようなダウンタイムの短さは、ショッピングスレッドリフトのメリットとしてよく知られています。

治療法のデメリット

希望通りの仕上がりにならない可能性も

ショッピングスレッドリフトは線維芽細胞の刺激による「肌ハリの向上」が期待できます。しかし、一方で「どのように肌ハリがもたらされるか」については、医師でも予想できない部分が大きいかと思います。
例えば、顔の左右どちらかにより肌ハリが出てしまい、左右非対称になる可能性もゼロではありません。特に、元々顔が左右非対称の方は、その差が強調される結果になる可能性もあるようです。
また、仕上がりとは別に「糸の刺激や違和感」ほか「食事時の痛み」「糸が露出する可能性」といったゼロではありません。

たるみが改善するとは限らない

ショッピングスレッドリフトは物理的にたるみを引き上げるのではないため「たるみが改善せず、そのまま残る」という可能性もあります。
糸や針による刺激で肌ハリが出たり、美肌効果があらわれたとしても、それがたるみ改善につながる保証はありません。特に、肌の深い層からたるんでいる場合には、肌ハリが出ても根本的な解決にはならないでしょう。ショッピングスレッドリフトはあくまでも「肌にハリを出す/引き締める」施術であって「たるみを引き上げる施術」ではない、という点には注意しましょう。

ドクターズコメント

ドクターズコメント

私はショッピングスレッドの経験がありますし、今でも大量の在庫を抱えています。しかし、患者さんにすすめることがどうしてもできません。その理由としては、塗る麻酔をしても結構痛いことと、患者さんが期待するようなリフトアップ効果が一切ないことです。その効果は照射系治療とそっくりで、吸収糸が吸収される反応による肌質改善効果です。
でも、レーザーたるみ治療機器と違って、初期費用があまりかからないので簡単に導入できます。また、医師の経験や腕前によって大きな差が出るような施術ではないので、糸を始めて行う医師でも比較的手軽に施術できるようです。そのような事情とあいまって多くのクリニックが導入しています。

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

注目記事

顔のたるみ治療スペシャリストインタビュー企画たるみ対策の真実と最新たるみ治療

新着情報

このカテゴリーの注目記事